記事のアーカイブ

7/15合奏での指揮者指示を掲載しました

2018年07月15日 23:03
共有する 戻る メニュー メインページ SCOの歴史 SCOのふしぎ 団員募集 練習予定 ★指揮者からの指示★ ニュース お問い合わせ先 ゲストブック リンク集...

7/15合奏練習での指揮者指示(ワーグナー、モーツァルト)

2018年07月15日 22:56
7/15の指揮者指示です。(合奏&弦分奏)  ※合奏は、ワーグナーとモーツァルト1、2、3楽章をやりました。  ※弦分奏はワーグナーをやりました。 ----- <ワーグナー> ※スコアとパート譜で版が違う。スコアの指示に合わせる。 ・力強く堂々と演奏。 ・出だしの金管はgehalten。音を長く保つ。 ・3~4小節は躍動的に。 ・12~13小節の弦楽器はrfz.(rinforz.)。音一つ一つをはっきり。  ※rfz.=フレーズ全ての音にfz. ・13小節の最後、少し溜める。 ・25小節の4拍目、溜める。 ・36小節はrallent. 少し緩む。 ・40小節アフタクトからの金管「パンパパパン」

練習予定が変わりました(第3版)

2018年07月01日 23:57
練習予定のページに最新の合奏予定と自主練予定を掲載しました。 (PDFファイルをダウンロードできます) 注:今年度から合奏日の時間割が変更になりました。

7/1合奏での指揮者指示を掲載しました

2018年07月01日 23:55
★指揮者からの指示★ のページに、7/1合奏での指揮者指示を掲載しました。(ビゼー&モーツァルト)

7/1合奏練習での指揮者指示(ビゼー、モーツァルト)

2018年07月01日 23:53
7/1練習での指揮者指示です。(合奏+弦分奏)  ※合奏は、ビゼーは1と4を、モーツァルトは1の142小節までを、練習しました。  ※弦分奏はビゼーの1と2と4をやりました。 ----- <ビゼー 1.パストラーレ> ・3小節目からの弦ユニゾン。駒寄りを弾いて、しっかり音を出す。  弓を弦に吸い付ける感じ(弦に弓を載せてから肘をあげ、そのまま弾く) ・42小節目はffから急激に落とす。後半2拍はHnの3連符を聴く。 ・Fからの弦のターンタタッタッタッタッは、1拍目の16分音符を後ろにつめる。  付点の音符(ターン)は音を抜くが短くなりすぎないように。  中弓~元弓で、音の粒を出す。 <ビゼー

モーツァルト参考動画

2018年07月01日 08:59
指揮の黒田です! 今回のモーツァルトではピリオド奏法を取り入れます! どんなやつ?と言う方のために参考動画を紹介します。 アーノンクールによる演奏(現代オーケストラ)です。 氏の著作≪音楽は対話である≫を読んだのですが大変勉強になりました。 https://youtu.be/pShalO-Ajgc https://youtu.be/hkns8dhgL3c こちらはフランス・ブリュッヘンの現代オーケストラによる演奏。割と穏やかな部類に入るピリオド奏法です。 https://youtu.be/Uo5va1VrvFM スロボデニュークの演奏です。 ここにあげている指揮者達は全て古楽の専門家な

6/17合奏での指揮者指示を掲載しました

2018年06月17日 23:41
★指揮者からの指示★ のページに、6/17合奏での指揮者指示を掲載しました。 全曲通しましたが、指示はモーツァルトのみです。

合奏予定の時間割変更、自主練日程決定

2018年06月17日 23:39
練習予定のページに最新の合奏予定と自主練予定を記載しました。 (PDFファイルをダウンロードできます) 注:合奏日の時間割が変更になりました。

6/17合奏練習(モーツァルト)

2018年06月17日 23:31
今日6/17の合奏練習での指揮者指示です。 初回なので流すだけかと思いきや、モーツァルトでバリバリ指示出ました! ----- <モーツァルト> ・ピリオド奏法(古楽器の演奏方法)で演奏します。  音の終わりを抜く。長い音は紡錘形。リズム強調。  ビブラート不要。解放弦を使う。 ・ピリオド奏法の3つのルール  ①順次進行:音を長めに  ②跳躍進行:音を短めに  ③短い音ほど軽く、長い音ほど重く ・1楽章62小節と67小節の長い音はテヌート。後半220小節も同様。  (その他の長い音は紡錘形。ここだけ例外) ・全楽章で繰り返しを全部やります。 ・3楽章D.C.で頭に戻った2回目も繰り返しをやりま

合奏練習予定に曲目追加

2018年05月22日 19:46
「練習予定」のページに合奏練習日を掲載しておりますが、各日の曲目を追記しました。
アイテム: 1 - 10 / 61
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>